弓削の荘 2013.03.01

あまも塩づくりダイジェスト!

2013年の一発目は「あまも塩」づくりからスタートしました。
みなさんはアマモ(甘藻)をご存知でしょうか?
冒頭の写真がそのアマモで、ほんのり甘いのが特徴の海藻です。(wiki参照)

今回はそのアマモをふんだんに使った藻塩の製塩工程をダイジェストでご紹介します。

弓削島近海のアマモと瀬戸内の海水で炊き上げます

弓削島近海のアマモと瀬戸内の海水

弓削島近海のアマモと瀬戸内の海水

エキスを抽出し、釜をキレイに

アマモのエキスを充分に抽出したら鹹水(かんすい)を取りだし、釜をキレイに掃除します。
塩の生成途中にできる硫酸カルシウムという厄介な代物が釜の底や壁にびっしりこびりつくので、これを取るのに毎回とても苦労します。

before

炊き上げた釜

炊き上げた釜

after

清掃後の釜

清掃後の釜

抽出したエキスたっぷりの鹹水を濾しながら釜に戻して炊き上げます

ピカピカになった釜に、さきほど取りだしたアマモのエキスたっぷりの鹹水を漉しながら戻します。
写真ではわかりにくいですが、きれいな緑茶色に染まった甘い香りのするアマモエキス入り鹹水を、ここからじっくり時間をかけて炊きあげます。

アマモのエキスたっぷりの鹹水

アマモのエキスたっぷりの鹹水

あまも塩ができはじめました

あまも塩のできはじめ

あまも塩のできはじめ

Facebook動画で様子をご覧いただけます

あまも塩の完成!

弓削島が育んだ自然の恵みだけでできた、無添加のおいしい「あまも塩」が完成です!
これを杉樽で数日熟成させ、乾燥させ、篩(ふるい)にかけ、袋詰めをすると「弓削塩」としてお店の店頭に並びます。

あまも塩完成!

あまも塩完成!


いかがでしたでしょうか?
手間暇かけて丹精につくられたあまも塩を是非、お召し上がりください。

また、弓削の荘では藻塩づくりの見学&体験を積極的に開催中です。
ご興味がある方は、こちらのフォームからお申込できます。

→ こちらから藻塩づくり見学&体験のお申し込みができます

しまの会社へのご相談・ご質問は…

株式会社しまの会社

〒794-2506
愛媛県越智郡上島町削下弓削830番地1
TEL. 0897-77-2232 / FAX. 0897-72-9220

メールで問い合わせ